デュッセルNEWS

【これもやはりドイツ流】

 

「俺たちドイツ人に面白さとかを期待しないでくれ」。ドイツ本社の役員が来日した際に、ある面談で言った言葉です。遠慮なく大笑いしましたが、彼が「俺たちはイタリア人みたいに陽気じゃないし、フランス人みたいにお洒落でもないけれど、展示会というビジネスに何が大切かはわかっているつもりだし、我々ドイツ流のやり方は世界中から支持されている」と続けたのには大きく頷きました。

 

自分をわかっていて、ないものねだりをしない姿勢は、安心感を与えるものだなあと感じると同時に思い出したのは、神田昌典氏「仕事のヒント」の中の次の一文です。

「一貫性がない会社をお客は『ウサン臭い』と感じる」。

 

今回のコロナ禍に対するメッセ・デュッセルドルフの対応は、展示会ごとに大きく異なります。CARAVAN SALONは1週間会期をずらして開催、MEDICAとCOMPAMEDはバーチャル開催、ProWeinは会期を3日間から5日間に延長して開催と、見ようによっては一貫性がないと捉えられるかもしれません。正直、私もここまで個別なのかと最初は驚きました。

 

結果としての決断は違っても、実はそこにたどり着くまでの経緯は共通しています。各業界においてその展示会が提供する最大の価値は何か、その価値を損なわずに実施する方策はあるか。

 

CARAVAN SALONはもともと欧州域内の出展・来場比率が高いことに加え、このコロナ禍で飛行機での遠出が難しくなったことでかえって需要は拡大しているため、イベント再開が許された9月にずらして開催にこぎつけました。

 

対して、MEDICAとCOMPAMEDは、出展・来場ともに高い国際性が最も評価されていますが、医療業界の現状と入国制限の当時の状況では、その最大の長所をリアルでは発揮しえない、が、製品情報へのニーズはむしろ高いため、バーチャルに移行となりました。

 

ProWeinは来場者の選別が最も厳しい展示会です。昨年も来場が61,500名と決して多くはない、が、その全員が真剣な酒類バイヤーであることは間違いありません。ここの難しさは、約7,000社という出展社の多さとイベント人数制限との間で、どう満足のいく商談機会を担保するか。その解が会期の延長でした。

 

メッセ・デュッセルドルフは、来場者目線を大事にしています。ご出展いただく皆様の満足度はここにかかっていると皆が理解しているからです。前例のない事態には絶対の正解もなく、皆様には気の揉めることも多いかとは思いますが、何とぞご理解をよろしくお願いいたします。

 

臨時号でお伝えしたとおり、ドイツはメッセの出展・来場に伴う入国が可能になりました。見本市は不要不急ではなく、必要・重要かつ緊急であるというドイツの認識を表すものです。一歩を踏み出すための準備は整いつつあります。お付き合いいただければ何よりです。

 

メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
代表取締役社長
小原暁子

 

 

【drupa preview が10月20日からスタート!!】

 

2021年4月20-28日に開催を控えるdrupa 2021が、デジタルコンテンツを拡充し、今月20日からdrupa previewをスタートさせます。これは、会期までおよそ半年前の今から、出展者とその製品・サービスに関する情報を入手できるだけではなく、業界トレンドについて議論が深められるうえ、オンライン上での商談機会も提供する、というものです。加えて、毎月 “drupa preview days” と銘打った、出展者によるライブウェブセッションイベントが予定されるなど、多角的なサービスを展開するdrupa previewにご期待ください!!

詳細情報をご希望のお客さまは、メッセ名をご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。

 

 

【開催報告】

  • 2020年9月23-26日|上海:中国国際管材製造加工・技術展「Tube China」と中国国際ワイヤー産業展「wire China」は、それぞれの分野における中国・東アジアで業界をリードする専門メッセです。今回は、946社の出展企業と36,552名の来場者にご参加いただき、成功裏に閉幕しました。今回はThermprocess China Pavilion(処理熱技術)やSaw EXPO Pavilion(切断技術)を初めて併催し、好評を得ました。詳細は、wire ChinaTube Chinaのファイナルレポートをご確認ください。

 

 

【メッセ情報】

※メッセ会期・開催都市についてはメッセ・カレンダーをご覧の上、各メッセのウェブサイトをご覧ください。

 

リアルイベントとして2021年6月15-18日に延期が決定した国際ガラス製造・加工機材展glasstecは、当初の日程(2020年10月20-22日)にてオンライン・イベント「glasstec VIRTUAL」を開催します。本イベントは、出展企業が製品を展示発表できる「Exhibition Space」、出展者と参加者間でマッチングできる「Networking Plaza」、及び会議エリア「Conference Area」の3つの柱から構成されます(来場者は参加無料)        

 

  • virtual.MEDICA 2020-国際医療機器展(バーチャル):出展者・ビジター募集中

今回のMEDICAは2020年11月16-19日のバーチャル展として開催します(日程変更なし)。同展は、出展企業が製品を展示発表できる「Exhibition  Space」、出展者と参加者間でのマッチングサービス「Networking Plaza」、及び会議エリア「Conference Area」の3つの柱から構成されます(来場者は参加無料)。プレス・リリース出展者募集ご案内ビジター参加をご覧の上、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。
また、virtual.MEDICA 2020への出展ご検討日本企業に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)が出展支援プログラム(締切10月23日)を行っています。ご興味のある方は左記リンク内のジェトロご担当者に直接お問い合わせください。

 

  • virtual.COMPAMED 2020-国際医療機器技術・部品展(バーチャル):出展者・ビジター募集中

今回のCOMAPMEDは2020年11月16-19日のバーチャル展として開催します(日程変更無し)。同展は、出展企業が製品を展示発表できる「Exhibition  Space」、出展者と参加者間でのマッチングサービス「Networking Plaza」、及び会議エリア「Conference Area」の3つの柱から構成されます(来場者は参加無料)。プレス・リリース出展者募集ご案内ビジター参加をご覧の上、ご不明な点はこちらからお問い合わせください。
また、virtual.COMPAMED 2020への出展ご検討日本企業に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)が出展支援プログラム(締切10月23日)を行っています。ご興味のある方は左記リンク内のジェトロご担当者に直接お問い合わせください。
さらにvirtual.COMPAMEDの開催、参加に関するご案内をメディカルクリエーションふくしま 2020 WEB(10月16日、17日)にて行います。オンライン・ミーティングご希望の方は左記HPより参加登録(無料)の上、リクエストをお送りください。イベント情報もご覧ください。

 

Valve World Expo 2020-国際バルブ技術会議・専門見本市の開催(2020年12月1-3日)まで3ヶ月間と迫ってきました。ただいま入場券を販売中です。ドイツ渡航やデュッセルドルフのメッセ会場における感染防止対策については、こちらをご覧ください。

 

  • wireTube 2020-国際ワイヤー産業展/国際管材製造加工・ 技術展:会期3か月前です

延期となったワイヤー・ケーブル業界No.1メッセの「wire」およびチューブ・パイプ業界を国際的にリードする「Tube」が2020年12月7-11日に開催されます(日本語フライヤーをダウンロード)。ただいま入場券を販売中です。ドイツ渡航やデュッセルドルフのメッセ会場における感染防止対策については、こちらをご覧ください

 

蓄エネ国際会議エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン2020のチケットショップが10月14日(水)にオープンします。2014年開催以来初めてのライブ配信、世界のどこからでも視聴できます。世界の蓄エネ情報を1日でゲットできるこの機会をどうぞお見逃しなく。

 

2020年12月9-18日、MFA2020はバーチャル展として開催されます。現在、出展者募集中です(ご案内はこちら)。来場者の参加は無料で、事前にオンライン登録をお願いします。本展および出展者支援プログラムに関するお問い合わせはこちら

 

通常、毎年3月に行われているBEAUTY DÜSSELDORFTOP HAIR – DIE MESSE Düsseldorf 両展ですが、2021年は5月最終週末に開催されます。刻々と変化する状況に対応するため、次回開催におきましては、出展許可書(admission)が独本社から発信される前までのお申し出に対し、出展お申し込み取り消し料を頂戴しません。出展参加ご検討にまつわる各種お問い合わせは、メッセ名をご選択のうえ、こちらよりお願いいたします。

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う情報】

弊社およびドイツ本社の新型コロナウイルスに対する対応などを以下にて随時アップデートしていますのでご覧ください。

 

また渡航情報に関しましては、以下の最新情報をご確認ください。

 

ご参加予定のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、正しい情報をいち早く皆様にお届けできるようスタッフ一同努めて参りますので、最新情報をご確認いただければ幸いです。

 

【ドイツ語を学ぼう!】

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館の Facebookへの投稿「今週のドイツ語」から、ためになるドイツ語をご紹介します。

 

このドイツ語もドイツ流!「私たちの知ったことではない」
 

 

 

デュッセルNEWSは毎月15日頃配信しています。自動配信をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

 


     

    ㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
    代表取締役社長:小原暁子
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
    T: 03-5210-9951 | F: 03-5210-9959 
    info@messe-dus.co.jp | http://www.messe-dus.co.jp